ホームページの技術で作るiPhoneアプリ - iPhoneはどれを買ったらいいのか

ホームページの技術で作るiPhoneアプリ

iPhoneのアプリといえば難しいプログラミング言語を使わないと作れないと言われていますが、実際にはホームページやブログなどで利用されることが多い、JavascriptとHTML5での開発が可能になっています。
iPhoneアプリのうち3Dを多用している場合には作れますがFPSが高くならないことが多いのですが、2Dのゲームや軽い3Dのゲームなら問題なく作成できると言われています。



また、ツール系などは特に得意なことが多く、iPhoneアプリ開発者のうち、HTML5とJavascriptで開発した人の割合が急激に増えてきています。

純正開発環境はiPhoneのハードすべてを使える、速度改善がし易いなどの特徴がありますが、サードパーティ製の開発ツールでも機能面では引けを取らないようになってきています。
さらにオープンソースでの開発なので純正開発環境に負けない機能が続々導入されています。

HTML5とJavascriptで作るアプリはHTML5でデザイン部分を担当し、Javascriptで動作を担当します。

Yahoo!ニュース情報収集ができます。

それぞれが得意分野を作れるということでWEBデザイナーからの評価も高いようです。



ただし、サードパーティ製のツールの中には純正開発環境のライブラリを使ってビルドする場合があり、Windowsでの開発に制限がある場合があります。