iPhone6Plusの画面 - iPhoneはどれを買ったらいいのか

iPhone6Plusの画面

iPhone6Plusでは5.5インチ液晶で1242x2208という新しいレティナ液晶を搭載しています。



アップルのスマートフォンであるiPhoneはレティナ液晶が特徴的です。


レティナ液晶はiPhone4から搭載されてきており、表示する解像度に対して実際のピクセル数が倍以上あるのが特徴で、詳細な画像表示が可能です。
iPhone4や4Sでは320x480という表示に対して実際のピクセル数は640x960です。

画像表示する際、320x480の領域に640x960で表示するので画像が鮮明になります。

6Plusではこのレティナがついに3倍表示にも対応しており、414x736の表示にたいしてい1242x2208のピクセルが表示可能となりました。


画面の物理サイズが5.5インチになったこともあり、特にビデオ等の閲覧では評価が高くなってきてます。

人気な毎日新聞サイトが一番おすすめです。

レティナのバージョンが上がると気になるのが下位互換です。



これまでレティナは2倍表示であり、6から下位互換用に互換モードが新設されています。

iPhone6Plusでも互換モードを2つ搭載して下位互換を保っています。

1つは5C以前の画面サイズに対応しているアプリ用、もう1つは6から搭載されている画面サイズに対応したアプリです。

互換モードの変更によってほとんどすべのアプリが動作しています。