iPhoneアプリをJavascriptで作る

iPhoneアプリは開発用のプログラミング言語を選ぶことができる時代です。アップルが用意している開発ツールはXcodeと言われ、Objective-cもしくはSwiftを使って開発をします。



ただし、これらの開発言語ではAndroid用のアプリは作れません。
iPhoneとAndroid両対応させるためにはAndroidで一から作り直す必要が出てきます。


工数が増えるだけではなく、両対応させることで相乗効果でアプリ導入が増える可能性が高まりますのでチャンスを失わないためにも開発の効率化が求められています。そこで注目されているのがJavascriptを使ったアプリ開発です。

YOMIURI ONLINEの情報探しをお手伝い致します。

現在Javascriptでアプリが作れる環境は大きく分けて2つあります。

1つはPhonegapと呼ばれるオープンソース系の開発環境、もう1つはTitniummobileと呼ばれる開発環境です。

どちらもJavascriptを用いてアプリを作れますし、iPhone、Android同時公開ができます。

ソースコードが共通になるので開発効率が上がります。しかも、Phonegap系の開発環境はWEBデザイナーでもアプリが作れる開発環境であり、HTML5とJavascriptによるアプリ開発はWEBサイトの開発にも似たものであり対へ好評を得ています。